KUGA LABORATORY AT THE UNIVERSITY OF TOKYO

東京大学

大学院総合文化研究科

広域科学専攻

相関基礎科学系


久我研究室

トップページ

久我研究室では、量子光学・量子エレクトロニクスの研究を行っております。2010年9月から、教授の久我隆弘と助教の竹内誠の2人体制となり、2013年4月にWebサイトを開設しました。

当研究室の紹介

量子光学は、量子力学特有の性質に興味を持ち、主に光を利用して実現・検証していく分野です。量子エレクトロニクスは、主に光を制御して、基礎学問的内容から応用まで色々な研究を行う分野です。これらは、理論と実験、理学と工学がうまく融合して発展してきた分野です。

この分野の中で当研究室は、研究意義だけでなく教育効果も考慮し、厳選した次の2つの研究テーマに取り組んでいます。

  1. 半導体ナノ粒子を用いた単一光子源の多重化
  2. 単一原子Cavity QED系を用いた光の量子非破壊測定

量子情報科学への応用も目指しています。

2014-947
実験室の風景(2014年7月)


新着情報

2015.04.14

2015年度夏学期が始まりました。大学院総合文化研究科広域科学専攻相関基礎科学系のM1が一人、教養学部統合自然科学科の4年生が二人、新たに加わりました。

CIMG1209

歓迎会を行いました。

2015.04.07

2015年度が始まりました。

▲ページのトップへ