KUGA LABORATORY AT THE UNIVERSITY OF TOKYO

東京大学

大学院総合文化研究科

広域科学専攻

相関基礎科学系


久我研究室

OB・OGの声

研究指導内容や卒業後の進路をイメージできるよう、当研究室のOB・OGである、芥川嘉成さんと千田優子さんに寄稿して頂きました。

マイペースに濃密な研究ができました

相関基礎科学系

2012年3月 修士課程修了

芥川 嘉成

大学院の研究室、と言えば大まかに2つのタイプに分けられます。1つは、コストと人員をかけて大きなプロジェクトを進めていくタイプ、もう1つは各自がテーマを決めて自由度の高い研究をするタイプです。久我研究室は後者のタイプであり、私は配属当初に久我先生と相談したうえで、簡便な単一光子源の実現を目指した研究をテーマに選びました。

単一光子源についての詳細はこの場では割愛しますが、(お知りになりたい方は是非久我研究室の門をたたいてください。)実現すれば100%絶対安全である量子暗号通信が可能になります。私は修士課程において、半導体ナノ粒子を用いて単一光子を生成する手法を確立しました。

量子光学の研究室なので、諸先輩方と同様に量子光学についての知識、実験技術を修めたのはもちろんですが、私の研究では、バンド理論や暗号理論、C言語などの知識も必要となり、それらを身に付けるのに多くの時間と労力を要しました。

各自が好きなテーマで研究をするということは、裏を返せば、研究内容のすべてを自分で理解し、行動しなければ研究が進まないということです。研究が滞った際には、自力で壁を乗り越えるだけの能力を求められます。スタッフは非常に面倒見がよいので、指示を待つのではなく、逆に使いこなしてやろうとする心構えと度胸が必要です。

と、若干厳しめのことを書きましたが、研究が順調な時は、空いた時間に野球を見に行ったりしていました。半導体ナノ粒子のブリンキングのように、on状態とoff状態を使い分けることでいい気分転換になり、いい研究が出来たのでしょう。

修了後は、広島県内の某市役所に勤務しており、物理の知識が直接役に立つことはめったにありませんが、統計に関する仕事の際に身に付けた知識が役立っています。

久我研究室では、濃密な時間を過ごさせていただきました。量子光学に興味のある方、濃密な研究室生活を送りたい方には、是非久我研をお勧めします。

 

 

 

 

 

物理学実験の流儀を習得しました

基礎科学科

2013年3月 卒業

千田 優子

卒業研究の研究室を選ぶ時点で、将来は生命科学に進むと決めていました。半年間だけ久我研究室に配属することに決めたのは、他の分野でどのように科学が行われているのか知りたかったからです。久我研究室はそういった要望を汲み取ったテーマ設定のもと、他の学生と分け隔てしない親切な指導を行ってくださりました。

私は卒業研究で光子相関を直接オシロスコープに表示させる方法を検討しました。この方法による測定精度は、信号処理装置の理想と現実のずれに大きく左右されます。そのずれに気づくには、実験をする前に結果を正確に予想していなければならず、計算による予測とオシロスコープの出力を比較してはじめて、装置の思わぬ仕様を見抜くことができるものでした。回路図通りにつなげたからといって欲しい波形が得られるわけではなく、オシロスコープに表示されたからといってその波形が正しいとは限らないのです。そうして装置の改良を繰り返すと計算値と測定値が一致し、実験結果の裏付けを取るための結果の予想の重要性を実感することができました。

それは生命科学の研究を始めた今でも役に立っていることです。たとえば細胞の振る舞いを顕微鏡で観察・解析しただけでは正しい解析結果とは言えず、それを裏付ける理論によって、実験方法が理にかなったものであるか、予期せぬ要素に振り回されていないか再検討しなければなりません。

初歩的な事柄のように思えますが、抜かりなく詰めていくのは意外と難しいものでした。久我研究室は、相手が学生であれ初心者であれ科学の難しさから目をそらすことを許してくれません。そのことが、おそらく統合自然科学科内でも指折りの負担の重さ、一人立ちの遅さにつながっていることは否定できないでしょう。しかしそれは逆に言えば、非常に面倒見がよく、充実した研究生活を楽しませてくれるということでもあります。真剣に研究がしたい方、実験の心得を知りたい方は是非久我研究室を選んでください。


▲ページのトップへ